中山木型の3DプリンターStratasysDimensionElite

3Dプリンター、FDM方式とは?

3DプリンターのFDM方式、聞いたことありますか?3Dプリンターには様々な方式で製品を作成します。購入を検討した方なら1度は聞いたことがあったり、見たことがあると思います。

 

で、FDM方式とは?

FDM方式とは、Fused Deposition Modelingの略で、日本語では「熱溶解積層法」と言われます。日本語でも難しいですね。でも、「熱で溶かして積層する方法」と考えると間違ってはいません。簡単に説明すると、フィラメントと言うプラスチックを270度くらいで溶かして、ケーキのホイップのように重ねることによって形状を作るのです。なんとかくわかりましたか?もっと簡単に説明すると、大きいボビン?のような形状に、色の付いたパスタみたいな物が巻いている3Dプリンターは、だいたいFDM方式です。

3DプリンターのFDM方式を説明した簡単な図

 

FDM方式の良いところ

何と言っても、実際のプラスチックを使って作成しているところです。粉やインクではなく、リアルな材料を使うところです。強度もあります。射出成型をする前の試作であれば、FDM方式がむいているでしょう!重さ質感などが同じなので、量産する時とほぼ同じです。形状にもよりますが、高さがある形状は得意としています。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838