中山木型ブログ ラスターベクター変換 トップ画像

チャレンジ!画像をCADに取り込む方法 ラスターベクター変換

3Dプリンター使いの上原です

 

 

画像から立体にする話は、以前ブログに「3Dプリンターの問い合わせ隠れ1位は!!写真から立体(3Dプリンター)・・・・でも高額になるため現状は難しい」にアップしました。
奥行きの無い写真から、立体を作成するには
どうしても、デザイナーさんのセンスが重要になってきます。

 

ですが、写真の内容を2次元データとしてCADで利用することは可能です。
「ん?」と思いましたか?
100%ではありませんが、そのソフトについて紹介します。

 

画像をCADに取り込む技術は、昔からあります。
例えば会社のエンブレム。
支給データ内にあれば良いのですが、資料が紙や画像しか無い場合
デザインを少しも変更できないため、寸法を測定して似たものをCADで作成するわけにはいきません。
では、どうしていたのか?
画像をラスターベクター変換でDXFデータにして、CADに取り込んでいました。
(昔は精度が悪かったので、変換結果しだいでした)

 

ラスターベクター変換って、聞きなれない用語ですよね?
ラスターからベクターに変換するソフトです。
ラスター?ベクター?なんでしょう?

 

簡単に説明すると、ラスターデータは点の集まりで、ベクターデータは点を結んだ要素(線、ポリラインなど)になります。

ラスターデータ = 点の集まり。画像
ベクターデータ = 点を結んだ要素(線、ポリラインなど)。CADで利用できるデータ

 

ラスターベクター変換は、有償ソフトと無償ソフトがあります。
有償の方が精度が高いと思ってくください。
今回、無償ソフトを使ってチャレンジしてみました!!

 

 

画像(文字)を取り込んでラスターベクター変換してみよう!

A4の紙にマジックで文字を書きます。
中山木型ブログ ラスターベクター変換 紫陽花 画像 マジック 下書き
マジックの太さは、2mmくらいです。
今回は、〇ッキーを使いました。
これを、スキャナーで取り込んで画像データ(JPG)にします。
画像データを、ラスターベクター変換しDXFにします。
CADで取り込むと
中山木型ブログ ラスターベクター変換 紫陽花 画像 マジック 変換後
になります。
どうですか?

 

これをCADで立体データにすると
中山木型ブログ ラスターベクター変換 紫陽花 画像 マジック CADで立体
になります。
マジックの太さが、そのまま立体データの厚みになります。
あまり細いと3Dプリンターで作成できないため、太いマジックが良いです。
子供がマジックで書いた絵を取り込んで、アクセサリーにするくらいなら簡単に作成できます。

 

 

画像(写真)を取り込んでラスターベクター変換してみよう!

スマホで撮影した、アジサイです。
中山木型ブログ ラスターベクター変換 紫陽花 画像 変換前
この画像を、ラスターベクター変換しDXFにします。
パラメーターで、条件を変えることができますが
中山木型ブログ ラスターベクター変換 紫陽花 画像 変換後
これが一番良いかな?
これはこれで、芸術的かもしれませんが、全ての輪郭がでていないため
CADに取り込んでも、使える部分が少ないです。
有償版なら、綺麗なのかな?
無償だと、ここまでが限界ですね。

 

 

ラスターベクター変換のまとめ

ラスターベクター変換、どうでしたか?無償版でも上手く利用できれば便利なソフトですよね。
世の中には、複数の写真から立体化するソフトもあります。
時間がある時に、テストしてみたいなぁ〜。

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838