中山木型ブログ 知っていますか?3Dプリント用の3Dデータ作成で、注意が必要な公差 トップ

知ってますか?3Dプリント用の3Dデータ作成で、注意が必要な公差

3Dプリンター使いの上原です

 

 

3Dプリンターの出力サービスをしていると、3Dデータを作成する依頼もあります。
その場合は、お客様から製品設計の図面や構想設計の図面、または意匠図かな?と思われる簡易的な図面などを送っていただき、その図面を使ってCADで3Dデータを作成します。
実は、得意分野です。

 

 

3Dデータを作るときは、公差を意識する必要があります。
ところで、公差(こうさ)って、聞いたことありますか?
公差とは、寸法の許容範囲を言うのですが、聞きなれない言葉かな?
図面の値の横に、小さい文字で「±」や「+」「-」が書いてある数値です。
例えば

中山木型ブログ 知っていますか?3Dプリント用の3Dデータ作成で、注意が必要な公差 公差の例

100 ±0.2と書かれていると

最小99.8 mm から 最大100.2 mm

の寸法で作成してください。と言う意味になります。
3Dデータ作成は、「中間公差で作成」と言われた場合、中間の値で作成する必要があるので

100 mm

となります。

 

 

ですが、この中間公差が曲者(クセモノ)です!!
製品設計用の3Dデータなら中間公差で問題ないのですが、3Dプリンター用のデータとなると別です。
※もちろん、加工の時も公差は重要!!

 

 

3Dプリンター用の3Dデータを中間公差で作成すると、パーツAとパーツBのクリアランス(スキマ・距離)が問題になる時があります。

  • クリアランスが0の場合

ピッタリに組み付けれるイメージがあるかもしれませんが、3Dプリンターで作成した製品は
加工と違い、表面がツルツルに見えてツルツルではありません。
ペーパーなどで調整するなら問題ありませんが、クリアランスをデータに反映した方が良いです。

中山木型ブログ 知っていますか?3Dプリント用の3Dデータ作成で、注意が必要な公差 説明画像1
中山木型ブログ 知っていますか?3Dプリント用の3Dデータ作成で、注意が必要な公差 説明画像2

  • クリアランスが小さすぎる場合

クリアランスが0の場合に近いですが、場合によって組み付かない場合があります。
1点ものならペーパーで調整で良いですが、複数作る場合はデータを修正した方が良いです。

  • クリアランスが大きすぎる場合

パーツが外れやすくなります。一番ダメです。
ペーパーでも調整できないため、データを修正して3Dプリンターで再作成する必要があります。
時間と材料費・・・いろいろ損をします。

 

  • 適度なクリアランス

パーツAとパーツBが、スムーズに合わさります。

中山木型ブログ 知っていますか?3Dプリント用の3Dデータ作成で、注意が必要な公差 説明画像3
中山木型ブログ 知っていますか?3Dプリント用の3Dデータ作成で、注意が必要な公差 説明画像4

 

適度なクリアランスって何?

3Dプリンターで作成する場合のクリアランスは〇〇mmです!!とは断言できません。
なぜなら、3Dプリンターの方式(FDM、SLS、インクジェットなど)や、積層ピッチ、作る方向などによって設定するクリアランスは変える必要があります。
切削加工と違い、3Dプリンターは積層で作成するため表面が綺麗に見えても、細かい段々になっているからです。
じゃーどうするか?3Dプリンターを使いこんだ経験です。
中山木型では、形状を見てからクリアランス値を変更しています。
※形状を見て、反り変形などを考慮するためです。


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838