中山木型 3Dプリンター出力サービスで使用する3Dスキャナー

知っていれば得する!古い金型を3Dスキャナーを使ってデータ化

3Dプリンター使いの上原です

 

 

 

最近、3Dスキャナーを使う案件が多いです。
何をしているかと言うと、製品のデータ化古い金型のデータ化です。
とくに、古い金型のデータ化は最近多くなりました。

 

 

 

会社で3Dスキャナーを持っていないお客様

古い金型が、形状的にデータ化できるのかの問い合わせをいただきます。
写真を複数枚撮っていただき、メールに添付して送ってもらいます。
製品のデータ化と同じですね。
わかりにくい箇所は、こちらから電話やメールで形状の確認をしています。

 

 

 

会社で3Dスキャナーを持っているお客様

3Dスキャナーを持っていて、データ化かの相談をされる場合は
検査用に、3Dスキャナーを導入されている会社です。
検査用で購入されていると、データ化するソフトを持っていないです。
データ化ソフトは、300万円〜500万円くらいです。
ソフト購入するなら依頼しよう!って感じですね。

 

追加でソフトを買ったからと言って
理想のデータを作成するには経験が必要のため
急ぎであれば、依頼していただいた方が効率が良いです。

 

でも、「古い金型をデータ化したい!」と思う人は、まだ少数だと思います。
CADデータがあるから大丈夫!
図面があるから大丈夫!・・・・本当にそうでしょうか?
金型を現場で修正しているかもしれません。
それを知っている担当者は、会社に残っていますか?

 

 

3Dスキャナーと型の構造を理解できるオペレーター

古い金型のデータ化は、型を単純に3Dスキャナーを使ってデータ化して終わりではありません。
型のデータとして使用できる状態にするには、型の知識も必要です。
型の構造を理解して、部分的に修正をします。

3Dスキャナーの知識 + 型の構造を理解

 

 

なぜ、型の知識も必要なのか?

1番、知識が必要なのは、PL面(パーティング面)です。
3Dスキャナーで撮影して、自動面張りを使用するとカドがだれます。
だれる・・・用語かな? ピン角ができません。
そのため、PL面などは再作成する必要があります。
PL面は適当な平面ではないため、上型と下型が合うように再作成します。
ちなみに、穴も綺麗な円ではないため再作成する必要があります。

 

 

金型をデータ化できるかの判断

金型が3Dスキャナーでデータ化できるか?できないかは?を見分けるのは簡単です。

金型に深い溝や穴があるか?

だけです。
深い形状があると、3Dスキャナーのレンズで認識できません。
では、深い形状はどうするのでしょうか?

  • 必要ない形状なら省略
  • ほかの方法で測定し、CADでデータ作成
  • 入れ子で作成していないか?確認
  • 要相談

あと重さによって料金も変わります。
ターンテーブルに載せることができれば、少し安くできます。
ターンテーブルに載せられる重さは、100kgを目安にしています。
(150kgまで良い物もあります)

 

 
今回の話は、3Dプリンターに関係ありませんでしたが
データ化だけの問い合わせもいただいています。
3Dスキャナーは、検査にも使えます。
検査の依頼があれば、作業しますよ!(ちょっと宣伝)


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838