中山木型ブログ 製品構造の確認に使う3Dプリンター 設計時間の短縮による、コストダウンを狙う

製品構造の確認に使う3Dプリンター!設計時間の短縮による、コストダウンを狙う

 

3Dプリンター使いの上原です

 

 

設計(構想)段階の製品を、3Dプリンターで作成し確認する。
これは、有効的な3Dプリンターの使い方の1つです。
3Dプリンターを使わなくても、CADを使って確認することはできますがパソコン上のこと・・・
やはり見て確認したいですね。特に、組み付けの確認。

 

 

■通常の量産品を作成する方法(簡単に説明)

中山木型ブログ 通常の量産品作成フロー 設計、金型作成、試作成形、組み付け等の確認、量産の説明図

①設計
②金型作成
③試作成形
④組み付け等の確認 ※問題があれば①に戻る
⑤量産する

になります。
①から④の回数が少ないのが理想です。

 

 

■3Dプリンターを使った量産品の作成方法

中山木型ブログ 通常の量産品作成フロー 設計、3Dプリンターで作成、金型作成、組み付け等の確認、量産の説明図

①設計
②3Dプリンターで製品を作成
③組み付け等の確認 ※問題があれば①に戻る
④金型作成
⑤量産する

になります。
①から②で、製品の問題点を解決できます。
3Dプリンターを使う効果は、2点。

  • 設計時間の短縮!!
  • 製品が完成するまでのトータルコストがダウン!!

3Dプリンターの販売店さんが言いそうなキャッチフレーズですが
本当の話です。

※中山木型では、3Dプリンターは販売していません。3Dプリンターを使った出力サービスです。

 

 

1番大きいのは、設計時間の短縮です。
試作品を作成するための3Dプリンターの活用ですね。

 

 

では、なぜタイトルにコストダウンを狙うと付けたのか?
それは、3Dプリンターは画期的な機械なのですが、材料費などのコストを考える必要があるからです。
いくら設計時間が短縮できても、コストが大幅にアップしては元も子もないです。
何回作成まで大丈夫なのか?確認した方が良いです。

 
あと注意して欲しいのは、3Dプリンターの材料と、射出成形の材料は違うものです。
同じ「ABS」「PP」と言っても、耐熱・強度など違いがあります。
3Dプリンターで作成した時は大丈夫でも、量産する前に1度確認をしてください(重要)。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838