中山木型ブログ 初級編!3Dスキャナーを使って、製品のデータ化

初級編!3Dスキャナーを使って、製品のデータ化

3Dプリンター使いの上原です

 

 

3Dスキャナーを使った製品のデータ化のお問い合わせが多いので、
今回は3Dスキャナーで何が出来るのか、ざっくり説明します。

 

 

困ったときの3Dスキャナー

  • 製品はあるけど、データが無い!
  • 設計変更したいけど、データが無い!
  • 意匠(デザイン)モデルのため、データが無い!

このような内容のお問い合わせをたくさん頂きます。
みなさん、データが無くて困っていますね。

 

 

製品があれば計測したりして、1からCADソフトでデータを作れるかもしれませんが、
デザインモデルを計測するのはとても大変です(というか、出来るのか??)。
今は技術の進化で3Dスキャナーを使ってデータ化することが可能です。

名前の通り、 3D=立体的に物をスキャンすることが出来ます。

スキャナーと聞いて、「コピー機のスキャナー」や「デジカメ」のように
簡単にデータが作れると思われている人が多いのですが、
実はいろいろな作業があり、ボタン1つで出来るものではありません。
めっちゃ大変です。

 

 

例えば、コインを想像してください。
表と裏がありますよね。
表のデータと裏のデータがあって、初めて1つのコイン(製品)データになります。

 

大きさや形状によっては、もっと複数のデータをスキャンし、
つなぎ合わせて1つのデータを作ります。

 

 

ズレたりしたら修正し、ガタガタにならないように、
1つ1つ丁寧につなぎ合わせていきます。
ですので、とても手間と時間がかかります。

 

 

3Dスキャナーのデータは進化する

3Dスキャナーのデータは、つなぎ合わせただけでは使えません。
何に使いたいのか(データの使用用途)によって
進化させる必要があります。

  • ステップ1  3Dスキャナーを使って撮影して、つなぎ合わせたデータ
  • ステップ2  CADで使用できるデータ(変更・修正ができない)
  • ステップ3  CADで変更・修正できるデータ

3Dプリンターでプリントしたかったら、ステップ1のままで出来ますが、
削加工したければ、ステップ2まで進みます。
さらに、CADソフトで設計変更するにはステップ3までしなければいけません。

 

 

今回はざっくりと3Dスキャナーの説明をしました。
製品のデータ化には、もっと注意点や問題点があります。
気になる方は、「中級編!3Dスキャナーを使って、製品のデータ化」をご覧ください。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838