中山木型ブログ 比較検証!大きさだけで、3Dプリンターで作成する概算見積りを考えるサムネイル

比較検証!大きさだけで、3Dプリンターで作成する概算見積りを考える

 

 

3Dプリンター使いの上原です

 

 

いつも、たくさんのお問い合わせをいただき
ありがとうございます。

 

 

中山木型としては概算でも、できる限り正確な費用ご回答をするように努力しています。
ですが、形状がわからず大きさ(縦・横・高さ)だけで「概算見積りが欲しい」と言われると困ります。
それは、

3Dプリンターで作成する費用 = 使用する材料費 + 作成時間

と計算しているからです。
決して、どんぶり勘定で〇〇円と費用を決めていないからです。

 

 

そこで、今回は大きさ(外寸)だけで費用計算した場合
どれくらい費用の違いがあるか検証してみました。

 

 

Q.5種類の中で、1番費用が高い形状は何番でしょう?

外寸は、全て同じです。

使用する材料と作成時間を考えると予想ができると思います。

外寸 100 x 100 x 100  (mm)
積層ピッチ 0.028 (mm)
材料 アクリル
3Dプリンター Stratasys Objet30Prime


中山木型ブログ 比較検証!大きさだけで、3Dプリンターで作成する概算見積りを考えるモデル1
中山木型ブログ 比較検証!大きさだけで、3Dプリンターで作成する概算見積りを考えるモデル2

中山木型ブログ 比較検証!大きさだけで、3Dプリンターで作成する概算見積りを考えるモデル3中山木型ブログ 比較検証!大きさだけで、3Dプリンターで作成する概算見積りを考えるモデル4

中山木型ブログ 比較検証!大きさだけで、3Dプリンターで作成する概算見積りを考えるモデル5

 

 

A.5種類の中で、1番費用が高いのは!!

費用が高い順番は、以下になります。

1位 ①球体
2位 ④立方体
3位 ②パイプ形状
4位 ③三角錐
5位 ⑤板と棒

簡単でしたか?

 

 

1位の球体は、材料の塊なので高くなります。またサポート材も大量に使用する形状のため
見た目で、高くなる形状と言えます。
ところで、1位の球体5位の板と棒の金額差は93,610円です。(超リアル!!)
9万円も差がでるのですから、大きさだけでなく「形状」も重要なのはわかっていただけたと思います。

 

 

※今回比較した形状は、あくまで比較するための形状です。
切削加工の方が安い形状もあります。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838