中山木型ブログ 3Dプリンターのアンダーカットを考える サムネイル

アンダーカットと言う用語を知ってますか?3Dプリンターのアンダーカットを考える

 

 

3Dプリンター使いの上原です。

 

 

アンダーカットと言う用語を知っていますか?
アンダーと省略して言う方もいらっしゃいますが、ものづくりをしている人であれば聞いたことがある用語だと思います。

 

 

一般的なアンダーカットの説明は、金型を例にする場合が多いです。
アンダーカットとは、型を開く方向だけでは製品(成形品)が引っかかって取り出せない形状(部分)のことです。
型設計の段階でスライド、傾斜バー、倒れピンなどの方法を使って対応します。

 

 

一般的と言いながらも
難しいですよね。用語って・・・・。

 

 

超簡単に言うと「製品を上下から見て、隠れる部分」のことです。
簡単すぎる説明ですが、間違ってはいません。

 

 

今回は、3Dプリンターのアンダーカットを考えます。
3Dプリンターの場合は、「製品をから見て、隠れる部分」のことです。
金型とは、ちょっと違いますね。

 

 

3Dプリンターは、3Dデータが必要です。
3Dデータを上から見た時に、隠れている部分には、サポート材が付きます。

隠れる部分 = アンダーカット = サポート材

3Dプリンターの方式にもよりますが、だいたいの3Dプリンターは

モデル材 と サポート材

で、形状を作成します。
必要なのは、モデル部分だけです。
サポート部分は、最後に取り除きます。

 

 

では、コマを例にして説明します。
中山木型ブログ 3Dプリンターのアンダーカットを考える コマ画像1
この白いコマを、3Dプリンターで作成します。
ここで、アンダーになる部分は
中山木型ブログ 3Dプリンターのアンダーカットを考える コマ画像4
コマを上から見ると隠れる部分、つまり赤色の部分です。
※説明用にコマを立てて配置しています。

 

 

3Dプリンターで造形するときは、ピンクの部分にサポート材がびっしりつきます。
中山木型ブログ 3Dプリンターのアンダーカットを考える コマ画像2
このサポート材は、造形後にキレイに取り除きます。

上記の形状を半分に割ってみると
中山木型ブログ 3Dプリンターのアンダーカットを考える コマ画像3
このようになっています。

 

 

アンダーカットの部分、わかりましたでしょうか?

 

 
実際に3Dプリンターで作成する場合は、サポート材が少なくなるように
配置する工夫も必要になります。
※製品形状を優先する場合もあります。

 

 

コマの場合、サポート材を考慮すると、このような配置で造形することになるかな?
中山木型ブログ 3Dプリンターのアンダーカットを考える コマ画像5

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838