中山木型ブログ 展示会で集客するにはインパクトをあたえる模型 リアルモデルのご提案

展示会で集客するには、インパクトをあたえる模型!リアルモデルのご提案!

 

 

3Dプリンター使いの上原です

 

 

日本各地で、定期的にいろいろな展示会が開催されています。
中山木型でも、11月8日から開催されるメッセナゴヤに出展します。
私たちもそうですが、出展者側には、避けては通れない悩みがあります。

いかに、(自社の)ブースにお客様に来ていただけるか?

ブースの飾りつけ、展示する製品、DM、・・・など、
どうしたら、新しいお客様と交流できるか?出展するたびに悩みます。

 

 

来場者側(この場合、お客様)の立場になり考えてみましょう!

  • 人が集まってくるブースはどんな感じなのでしょうか?
  • 何か特徴がないでしょうか?

 

 

よく言われるのは、「動き」です。
ブースで何かが動いていると、自然と「何が動いているの?」と足が止まります。
人間も動物ですから、動く物に反応してしまいます。ホントに!(笑)

 

 

次は、「インパクト」です。
「何?これ?」と思ってもらうことが重要です。
通常より大きい物、内部構造が見えるような製品などは、目に惹かれます。

 

 

来場者の方に説明するには、足を止めてもらう必要があります。
通常より2倍・3倍位大きい製品(模型)が置いてあるだけで
「なんだ?」になります。
インパクトをあたえる模型!それが、リアルモデルです!!

 

 

集客・成約率をあげる秘訣は「製品のミエル化
製品の魅力をわかりやすく伝えるために

  • 大きな製品を、小さくミエル化
  • 小さい部品を、大きくミエル化
  • 内部の構造を、細かくミエル化

が必要です。

 

 

今回、中山木型は展示会用に、新しく
リアルモデル「折りたたみイス version2」を作成しました。
大きさの違う、2つの折りたたみイスを展示します。
直接さわって、構造を確認することができます。ぜひ見に来てください。

 

 

折りたたみイスversion2の作成工程は、次のブログにアップする予定です。
お楽しみに~。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa