中山木型の3DプリンターStratasysObjet30Prime

3Dプリンター、PolyJet方式とは?

Polyjet方式、インクジェット方式などとも言われています。日本製の工業用樹脂3Dプリンターにも、この方式がありますね。中身はちょっと違うようですが・・・。イメージは、コピー機です。コピー機は右、左、右・・・とウィーン〜ウィ〜ンと動きますが、3Dプリンターでは、テーブルが少しづつ下がってコピー機は動き続ける、と言った感じでしょうか?わかりにくいかな?

 

で、PolyJet方式とは

動きはコピー機なのですが、実際はインクを置く、ローラーでならす、UVで硬化するを繰り返します。ローラーでカットすると言う方もいます。インクと言っても材料なのですが液体です。例えば、0.016mmずつ厚みが作成されると、1mm作成するのに62.5回インクを出すことになります。綺麗に作成できますが、高さがあるものは時間がかかります。

3Dプリンターの透明アクリルで作成したスパナ

PolyJet方式の良いところ

何と言っても、綺麗さです。綺麗さを求めるのであれば、PolyJet方式です。「材料は何にすれば良いの?」と質問された時は、最終的に綺麗さなのか?強度なのか?材質なのか?値段なのか?バランス良くなのか?・・・私のおススメを説明しています。あとは、製品には関係ないのですがサポート材がやわらかいのが良いですね。これは、PolyJet方式の3Dプリンターを持っていると感じます。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa