3Dプリンターには種類があります。条件によって機械を選択

3Dプリンターには種類があります。条件によって機械を選択

 

 

3Dプリンター使いの上原です

 

 

知らない方も多いのですが、3Dプリンターにはいろいろな種類があります。
形状の確認だけであれば、どの3Dプリンターで作成しても問題ないのですが、
製品の使用用途によっては、条件に合う3Dプリンターを選ばなければなりません。

 

 

3Dプリンター(樹脂)の種類

樹脂製品を作成する3Dプリンターで説明すると、大きく分けて4種類あります。

  • FDM
  • インクジェット
  • 光造形
  • 粉末造形

あなたなは、どの種類を知っていますか?
「3Dプリンターをテレビで見たことあるよ」と言う方は、だいたいFDM方式の3Dプリンターです。

 

FDM方式を簡単に説明すると、テーブルの上に溶かしたプラスチックをケーキのホイップクリームのように
にゅーーーっと動かし、下から順番に作成していく方法です。

 

もう少し詳しく説明すると、材料のフィラメントを熱で溶かして約0.1mmの厚みで造形する熱溶解積層法になります。
Fused Deposition Modelingの頭文字を取って、FDM方式と呼ばれています。
家庭用3Dプリンターとしても市販されていますので
他の種類に比べて、身近な方式の3Dプリンターと言っていいと思います。

 

それぞれ得意な分野があり、どの3Dプリンターを使うのが良いか?は
3Dプリンターの初心者には、判断が難しいかもしれません。

 

 

どの3Dプリンターで作成すれば良いか?

作成したい製品は、どのような使用用途・条件があるのかを考えます。

例えば
使用用途では

  • 量産前の形状確認
  • プレゼン用の模型
  • 水を流したい
  • 実際の部品で使いたい
  • 食品の型で使いたい
  • マイナス100度の実験に使いたい

条件では

  • 表面の綺麗さ
  • 材質の指定
  • 個数
  • 費用

などです。

 

条件によっては、3Dプリンターではなく
切削加工などで作成した方が良い場合もあります。

 

よく「安い方法で」と言われる方がいらっしゃいますが
形状によって、どの方法で作成するのが良いか検討する必要があります。

 

今後、3Dプリンターの導入を考えられている方は
3Dプリンターを購入してから、作成する製品を考えるのではなく
1番多く何を作成するか?を考えて、3Dプリンターを選択した方が良いですね。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa