中山木型ブログ 3Dスキャナー導入したよ!小物専用だけど綺麗なデータ サムネイル

【3Dスキャナー】3Dスキャナー導入したよ!小物専用だけど綺麗なデータ

 

 
3Dプリンター使いの上原です
 

 
まずは宣伝から!!
2020年7月。中山木型は3Dスキャナーを導入しました!

機種 SolutionixD500
ワークサイズ 92 x 70 x 60 mm
読取精度 0.01mm

 

 

3Dプリンターと3Dスキャナーの関係

3Dプリンター出力(受託)サービスをしている中山木型が、なぜ3Dスキャナーを?
と、思われる方もいると思います。

 

 
3Dプリンターで製品を作成するには、必ず3Dデータが必要になります。
3Dデータは、CADで作成することが多いのですが
図面やCADデータが無い製品(古い部品や美術品など)は、3Dスキャナーを使ってデータ化します。

 

 
データが必要な3Dプリンターにとって
3Dスキャナーは必要な相棒と言って良いでしょう!!

 

 

3Dスキャナーは種類がある

3Dプリンターも種類がありますが、3Dスキャナーにも種類があります。
1つの3Dスキャナーで、どんな製品でもデータ化できるわけではありません。

  • 小さい物
  • 大きい物
  • 精度が必要な物
  • 移動できない物
  • 色が必要
  • 検査専用

などの条件によって、3Dスキャナーを使い分ける必要があります。

 

 
なんと、ロケットをデータ化できるスキャナーもあるんですよ。

 

 
精度の良い3Dスキャナーは、何百万円もする機械のため
複数の機械を購入・維持をするのは大変です。

 

 

小物専用の3Dスキャナーとは

今回、導入した3Dスキャナーは手のひらサイズの小物に特化したスキャナーです。

 

 
今まで中山木型では様々な製品をスキャンしてきましたが、
小物製品、特に細かい模様のデータ化に苦労しています。

 

 
いろいろテストした結果、小物専用の3Dスキャナーの方が細かく溝や模様がデータ化できました。

 

 
例えば、コイン。
通常の3Dスキャナーでも撮影は可能ですが
外形は問題なくても、細かい模様などはボケてしまいます。
特に凹形状。

 

 
これが小物専用の3Dスキャナーだと、模様や溝、さらに細かいキズまで
綺麗にデータ化できます。

 

 
また、1度データ化してしまえば、小さくしたり、大きくしたり
大きさを自由自在に変更できます。

 

 

小物専用3Dスキャナーの事例

六角ボルト(M10)を、3Dスキャナーでデータ化しました。

中山木型ブログ 3Dスキャナー導入したよ!小物専用だけど綺麗なデータ 説明画像1 六角ボルト 3Dプリンター
画像左側:市販品の六角ボルト
画像右側:データ化した六角ボルトを、3Dプリンターで作成。ボルトの頭を「Nakayama」に変更しています

 
中山木型ブログ 3Dスキャナー導入したよ!小物専用だけど綺麗なデータ 説明画像2 六角ボルト 3Dプリンター
ネジ部分も綺麗にデータ化できているので、ボルトも締めることができます。

 

 

3Dスキャナーを使ったデータ化サービス

中山木型では、3Dスキャナーを使ったデータ化サービスもしています。
製品、金型、美術品・・・などのデータ化や図面化、CADデータに展開など
お困りごとがございましたら、ご相談ください。

 

 
ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

 
有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa