中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 サムネイル

動物やキャラクターを3Dデータ化!型まで展開

 

3Dプリンター使いの上原です
 

 

3Dプリンターは3Dデータが必要なため、
お客様が3Dデータを準備できない場合は、弊社で3Dデータを作成することがあります。
 

 

3Dデータの作成方法は大きく分けて2種類です。

  • CADを使う方法
  • 3Dスキャナーを使う方法

 

 

製品しか無い場合は3Dスキャナーを使ったデータ作成をしますが、
だいたいは図面などを支給していただき、設計CADを使用して3Dデータを作成します。

 

 

ここで、CADとは言わず設計CADと説明したのは意味があります。
画像から3Dデータ作成の依頼をされることがあるからです。

 

 

画像はキャラクターや、動物、新商品などいろいろありますが
いずれもなので寸法がありません。イメージです。
表現できていない裏側などがわかりません(汗)
 

 

なので、裏側などはCADオペレーターの想像で作っていきます。
全て自分の思い通りの製品が欲しかったら、裏側の画像も用意してください。

 

 

ちなみにCGも3Dデータと言いますが
厚みが無いため、CGのデータを3Dプリンターで作ることができません。
3Dプリンターで作成できるデータに修正する必要があります。

 

 

寸法がない画像からどうやって3Dデータを作るのか…

設計CADでは、寸法に記載されている数値を使って
線、円、円弧、サーフェス、ソリッドなどの形状を作成します。

 

 

では寸法がない場合はどうするのか。
それはデザインCADを使って似たような形状を作成します。

 

 

デザインCADはいろいろあるのですが、
中山木型ではFreeformを使用します。

 

 

Freeformはボクセルと呼ばれる砂のような球体の集合体を
粘土で造形するように、

  • 彫刻刀で溝を掘る
  • 指でつまんで膨らみを作る
  • でこぼこを熱で溶かしたように、なだらかにする

といった表現ができます。
設計CADでは表現できない微妙なニュアンス(ふくらみ、へこみ)が出来ます。

 

 

なんでもご注文いただける訳ではありません

アニメのキャラクターなど著作権があるため注意が必要です。
依頼されるお客様が著作権を持っていれば問題ないのですが、
インターネットでダウンロードしたような既存の製品またはキャラクターを立体化するのは、
お断りしています。
※個人で楽しむ場合は、個人でデータ作成しましょう
 

 

実際にオリジナルのクマを作ってみた

今回はオリジナルのクマを作成しました。

中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 その2中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 その3中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 その4
データ化すればポーズも簡単に変更できます。

中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 その5中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 その6中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 その1

 

立体のキャラクターは、小さいサイズなら3Dプリンターで作成できますが、
大きいサイズは切削加工で作成します。
また、人形焼きなどの型に展開されることもあります。
※型の場合は、ケミカルウッドを切削加工します。

中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 人形焼きのイメージ中山木型ブログ 動物やキャラクターを3Dデータ化 型まで展開 人形焼きの型のイメージ

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

 

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa