中山木型ブログ 3Dプリンターで鋳型(砂型)を作成するサービス開始 サムネイル

3Dプリンターで鋳型(砂型)を作成するサービス開始!2021年2月

 

 

3Dプリンター使いの上原です

 

 

2021年2月、中山木型は

3Dプリンターを使った鋳型(砂型)を作成するサービスを開始!

します。

 

 
これにより、3Dプリンター出力(受託)サービスで製作できる材料は

  • 樹脂(アクリル、ABS、PP、ラバーライク等)
  • 石膏
  • 金属
  • 砂 (鋳造用)

になります。

 

 
単純に、3Dプリンターの材料にが増えただけではありません。
この砂を使って、鋳型(砂型)を作ることができます。

 

 

鋳型を作成する3Dプリンターのスペック

3Dsystems Projet860を使用します。
本来は石膏で造形する機械ですが、太平洋セメント株式会社様のTCaST(砂)を使用します。

ワークサイズ 508 x 381 x 229 mm
積層ピッチ 0.1 mm

 

 

3Dプリンターで鋳型を作る際に必要な物

3Dプリンターで鋳型を作成するためには、3Dデータが必要になります。
材料が砂に変わっても、3Dプリンターに必要なモノは3Dデータです。

 

 

通常の3Dプリンターで使う3Dデータと違うところは、
製品の形状データではなく
鋳型のデータが必要になります。

 鋳物の製品データ
 鋳型のデータ

 

 
鋳型のデータは

方案「あり」の場合 、形状・方案の両方をデータで作成します。
方案「なし」の場合 、形状のみのデータを作成し、後で方案を手作業します。

どちらでも可能です。

 

 

どのような時に便利なサービスなのか?

オススメは、【小ロット】・【短期間】で鋳物を作成したい会社様向になります。

 

 

メリットは

  • 3Dデータだけで管理できるため、型保管が不要
  • 木型を作成する期間が無くなる
  • 設計変更が楽になる
  • 方案を考える試作として使える

になります。

 

 

製品の大きさ、ロット数などで、鋳型を3Dプリンターで作成できない場合は
従来の砂型鋳造用の木型でご提案します。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa