中山木型ブログ 光造形機Form3で製品を完成までを解説 要チェックサムネイル

【3Dプリンター】光造形機Form3で製品を完成までを解説!要チェック

 

 

3Dプリンター使いの上原です。

 

 

中山木型が導入しました光造形機Form3を使って
3Dプリンターはどのように製品を作成するのかを解説します。

 

 

そもそも、3Dプリンターを使えば
ド〇〇もんの道具のように、簡単に製品が完成すると思っている人が多いですが
違います!

 

 

製品を作成するには複数の作業が必要です。
どのくらいの作業だと思いますか?

 

 

Form3の場合だと
6つの工程が必要です!

 

 

3Dプリンターを操作する以外にも、必要な作業がいくつかあります。

 

 

今回は、クマのフィギュアの作成手順を説明します。

 

 

①3Dデータを作成する

3Dプリンターは、3Dデータが必要です。
必ずです!!
3Dデータは、一般的にCADで作成することが多いです。
製品しかない場合は、3Dスキャナーを使ってデータ化します。
3Dデータ(STLファイル)を準備しましょう。

中山木型ブログ 光造形機Form3で製品を完成までを解説 要チェック ブログ画像1

 

②専用ソフトPreFormで3Dプリンターに送るデータを作成

Form3に付属される、専用ソフトPreFormで
どのように、製品を作成するか設定します。
自動設定もありますが、手動をおススメします。
配置方向、造形の補助となるサポート、積層ピッチ(製品を作る時の細かさ)などを設定します。

中山木型ブログ 光造形機Form3で製品を完成までを解説 要チェック ブログ画像2

 

③光造形機Form3で製品を作成

USB、WI-FI、ネットワークのいずれかを使って
PreFormで作成したファイルを、Form3に送信します。
材料をセットしたら、造形を開始します。

中山木型ブログ 光造形機Form3で製品を完成までを解説 要チェック ブログ画像3

 

④洗浄機で造形物を洗浄

Form3で造形後は、製品の表面に硬化していない材料が付着しています。
アルコール(IPA)で洗浄します
専用洗浄機を使うと約10分で洗浄が終わります。

中山木型ブログ 光造形機Form3で製品を完成までを解説 要チェック ブログ画像4

 

⑤製品を二次硬化

2次硬化が必要です。
製品を紫外線(UV)で硬くします。
この作業しないと、とてもやわらかいです、

中山木型ブログ 光造形機Form3で製品を完成までを解説 要チェック ブログ画像5

 

⑥サポート除去などの仕上げ

最後に、必要がないラフトやサポートを取り除き完成です
製品にサポート跡が残る場合は、ルーターやペーパーなどで仕上げます。

中山木型ブログ 光造形機Form3で製品を完成までを解説 要チェック ブログ画像6

中山木型ブログ 光造形機Form3で製品を完成までを解説 要チェック ブログ画像7

 

 
今回はForm3で説明しましたが、
3Dプリンターによって、作業する数や方法は異なります。
作成方法の共通点は、①3Dデータを作成するです。

 

 

中山木型では

  • 3Dデータだけ欲しい
  • データはあるので、造形~着色して欲しい
  • 仕上げは自分でやるので、データ作成から造形までして欲しい

など、様々なご要望に対応しています。

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

 

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa