中山木型ブログ 3Dプリンターで作成した製品にネジ加工 インサート(ヘリサート)も可能 サムネイル

3Dプリンターで作成した製品にネジ加工!インサート(ヘリサート)も可能

 

 

3Dプリンター使いの上原です

 

 

3Dプリンターの造形サービスでは、部品を作成する依頼があります。
部品の条件の

  • 大きさ
  • 形状
  • 材質
  • 強度

などによって、使う3Dプリンターは変わります。

 

 

3Dプリンターは3Dデータが必要のため、お客様から3Dデータの支給をお願いしています。
3Dデータが無く図面しか無い場合は、有償になりますが、図面から3Dデータを作成します。

 

 

お客様から

3Dデータ + 図面

が支給されることがあります。
3Dデータがあれば、図面は必要ないよね?と思わますよね。

 

 

この場合、図面の内容を確認する必要があります。
だいたい、ねじの指示があります。

 

 

おネジ(凸ネジ)は、問題ない場合が多いのですが
めネジ(凹ネジ)は、注意が必要です。

 

 

3Dプリンターは、製品の厚みが必要です。
目安として、0.7mm以上の肉厚が欲しいです。

 

 

ネジの径が小さいと、ネジ山の厚みが細いため
正常に造形できない場合があります。

 

 

そこで
形状とネジの径などを考慮し、4つの方法から選択することになります。

①工作機を使った切削加工に変更する
②3Dデータ内に、ネジも作成する
③3Dデータはネジの下穴だけにして、後でタップ加工をする
④インサート(ヘリサート)に変更する

 

 

4つの項目を順番に説明します。

 

 

①工作機を使った切削加工に変更

3Dプリンターで作成する相談なのに、なぜ切削加工に変更するのか?
切削加工が適している形状と判断した場合、こちらをオススメしています。

 

 

なんでもかんでも3Dプリンターで作成すればいいと言うことではありません。
ニーズに合わせて、1番良い方法を御提案しています。

 

 

②3Dデータ内に、ネジも作成

3Dプリンターで造形できると判断した場合
CADを使って、3Dデータ内にネジも設計します。

 

 

すべて3Dプリンターで完結するため
理想と言えば理想ですが、止穴だとサポート材が取りにくいなど
作業するの側からすると、ちょっと嫌かもしれません。

 

 

③3Dデータはネジの下穴だけにして、後でタップ加工

この方法が1番安定していると思います。
3Dデータに下穴だけ設計し、3Dプリンターで造形した製品を手作業でタップ加工します。

中山木型ブログ 3Dプリンターで作成した製品にネジ加工 インサート(ヘリサート)も可能 タップ加工中の画像

中山木型ブログ 3Dプリンターで作成した製品にネジ加工 インサート(ヘリサート)も可能 タップ加工後の画像

材料や製品の厚みによっては、割れる可能性もありますので
慎重に作業します。

 

 

④インサート(ヘリサート)に変更

図面にインサートが支持されている場合があります。
何度も、ネジの開け閉めをする場合は、この方法が良いです。

  • 金属のネジ部品を埋め込むタイプ
  • 金属のコイル状の物を挿入するタイプ

中山木型ブログ 3Dプリンターで作成した製品にネジ加工 インサート(ヘリサート)も可能 ヘリサート加工後の画像

があります。

 

 

こちらもデータ内に下穴が必要です。

 

 

単純に、作るだけが3Dプリンターを使った出力サービスではないと思います。
今後もより良い方法をご提案していきたいです。

 

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa