中山木型ブログ 3Dプリンターで、展示会用の模型を作成する時の注意点 サムネイル

3Dプリンターで、展示会用の模型を作成する時の注意点

3Dプリンター使いの上原です。
 

 
展示会の出展は、新しいお客様と出会えたり、商品やサービスのアピールができて良いですよね。
でも、どうしたら自社のブースに多くの人が来てもらえるか?
ブースの飾り付け、呼び込み・・・悩みますよね(経験者は語る)。
 

 

出展経験のある中山木型からのご提案

そこで1つ、ご提案があります。
ブースに

インパクトのある自社製品の模型を設置

するのはいかがでしょうか?
 

 

形状にもよりますが、模型を1個だけ作成するのであれば
コスト的にも3Dプリンターで作成した方が良いです。

※3Dデータを準備していただく条件になります。

 

 

「既に、模型はあるよ!」と言われる方もいらっしゃると思いますが
評判はどうですか?飾ってあるだけではありませんか?
製品の魅力を説明する模型になっているでしょうか?
 

 
何度も言いますが、3Dプリンターは3Dデータが必要です。
3Dデータが無い場合は、3Dデータを作成する費用が発生します。
また、単純に拡大・縮小するだけが模型ではありません。
何を見せたいのか?が重要になります。
模型用の3Dデータは、どのようなことに注意する必要があるのか説明します。

 

わかりやすく例をあげて説明

例えば、一軒家の模型を作成するとします。

 

 

一軒家は、2D(図面)で設計されるので、3Dデータがありません。
家を購入された方は、立体的な画像を見たことがあるかもしれませんが
それはパース(イメージ)で、3Dプリンターで使う3Dデータではありません。

 

 

家の図面では、実際の数値が書かれていますので、
図面どおりにデータを作ると実際の家のサイズ(1/1)のデータが出来上がります。

 

 

実際のサイズ(1/1)で作成すると

中山木型ブログ 3Dプリンターで、展示会用の模型を作成する時の注意点 1/1説明用

壁の厚み  200mm
サッシの幅 31mm (参考:W1690×H970)
レールの厚み 3mm

※ご関係の方々、いろいろツッコミたくなると思いますがご容赦ください
かなり細かいところが出来てきます。

 

 

模型用に1/20に縮小すると

中山木型ブログ 3Dプリンターで、展示会用の模型を作成する時の注意点 1/20説明用

壁の厚み 10mm
サッシの幅  1.55mm
レールの厚み 0.15mm

ここで重要なのが、レール部分0.15mmを表現する必要があるのか?ということです。

 

一軒家の模型で見せたいところは、厚み0.15mmの箇所なのでしょうか?
家の外観間取りなどではありませんか?
たまに、リアルな模型が良いと言われる方がいらっしゃいますが
展示会で来られたお客様は、細かいところまで見てないですよ!!
細かいところを見て、「へぇー凄いねぇー」と言ってくれるだけです。
縮尺模型は、厚みをチェックするのが超!必要です。
厚みが1mmより小さくなるところは

  • 厚みを1mm以上に変更する
  • 形状を無くす

など、データを編集する必要があります。
※お客様と相談して決めます。

 

 

考えて作る展示会模型

他にも、模型は

  • 塗装しやすいように、パーツをわける
  • 運搬しやすいように、組み立て式にする

など考えることがたくさんあります。

 

 

そのため、例えデータを支給されたとしても、そのまま使うことが少ないです。
模型作成を考えている方は、是非、中山木型にご相談ください!
図面からの3Dデータ作成はもちろん、縮尺の際のデータ編集も可能です!

 

 

ものづくりの相談・御見積りは、無料です。
ご興味のある方は、気軽にご連絡ください。
 

有限会社中山木型製作所 担当:上原   電話:0566-42-4838


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa