中山木型ブログのクラフトマンⅢ2019ご報告

【クラフトマンⅢ】2019年、今年も中山木型で3Dプリンターを使ったスキルアップ講座

 

 

3Dプリンター使いの上原です。

 

 

今年で2年目になりますが、2019年も地元(愛知県碧南市)の碧南工業高校の生徒さんと
地域ものづくりスキルアップ講座クラフトマンⅢを開催しました。

期間 2019年8月5日(月)~8月9日(金) 5日間
時間 9:00-16:00
人数 3名
場所 有限会社中山木型製作所
講師 上原

 

 

個人的の感想ですが、今年は名称が「クラフトマンⅢ」から「クラフトマンⅣ」になると思っていました
Ⅲのままだそうです。なぜⅢなのか?謎ですね(笑)

 

 

中山木型で開催された去年(2018年)のクラフトマンⅢの内容はこちら

クラフトマンⅢで、碧南工業高校の生徒さんが来ました!!3Dプリンターの基礎知識と加工技術

 

 

今年のクラフトマンⅢは、3Dデータを正確に作るをポイントにしました。
なぜかと言うと、3Dプリンターは3Dデータが必要です。
間違ったデータでは、間違った製品が完成します。

 

 
3Dデータは、一般的にCADでデータを作成します。
3Dプリンターの勉強をするには、3Dデータ作成を勉強することも必要です。

 

 

では、

CADで、3Dデータを作成する勉強をしましょう!!

となるのですが

 

 

CADの操作方法を憶えて、2次元から3次元まで作成するには
図面の知識も必要になります。

 

 

学校では学んでいない、図面を読み取る方法も学びます。

  • 実線
  • 破線
  • 1点鎖線
  • 平面図
  • 正面図
  • 側面図

など、意味を理解しながらCADを操作します。
製品作成まで学ぶことが多いですね。

 

 

でも、工業高校の生徒さんだから?若いから?憶えるのが早いです。

 

 

4日目と5日目(最終日)に、生徒さん個人でデザインしたアクセサリー(名前プレート)を作成します。
まずは、それぞれ紙にオリジナルデザインを描きます。
そして、自分でデザインした物をCADを使って3次元データまで作成します。
思ったようにCAD操作ができないと、考えたデザインと違う物になってしまいます。
ちゃんと操作できるようになったのか?の試験ですね。

 

 

完成したアクセサリーは、生徒さんの名前が入っているので画像はアップできませんが、
それぞれの個性がでていて良い感じに完成しましたよ。

 

 

いろいろ詰め込んだ5日間でしたが
今後、工業高校の生徒さんが
ものづくりを好きになってくれれば良いなと思います。

 

 

講師だった、上原の報告レポートでした。


Uehara

Written by

2人の娘のパパです。 3Dプリンターを使った出力サービスで奮闘中。会社では、営業・製作・広報・人事・CAD/CAMなど、なんでも屋です。3Dプリンターの知識なら、ほかの人には負けません!気軽にお電話ください。 中山木型製作所(3Dプリンター) 0566-42-4838 TwitterとFaceBookはこちらへ 【Twitter】https://twitter.com/ainamaopapa 【FaceBook】https://www.facebook.com/ainamaopapa